オタクの俺がモテる男になるために服装の効果的なテクニックについて教えろ

服装を効果的に使うテク二ックも話しておきますね

なよなよしている男性が強く見せようとしてワイルドな服装をすると無理のでてくる場合があります

ラッパーやホストのようなチャラい風のはでな服装をしたり遊び慣れていて
しかもスマートというのも難しいかもしれません

そういう場合
仕事帰りのようなひと汗してきたダンディズムや一生懸命さ、まじめさをだしたりもできますよね

その場合アピールをわざとする必要がありません
アピールするという考え自体もおかしいかもしれませんが

これが結局は内面からわきでる魅力につながるということです。
だらしないと思わせるのもよいです
強がり系の相手にこれは効きます


この方法は賭けですがわざと少し汚れた服装で行きます
相手の視線に入るんです

あなたの思うだらしない男のイメージです
汚いとか不潔とかはちょっと違うんですけどね

これは次に
礼儀がある人~尊敬できるかも
まじめなんだ~意外といい人?
かわいいとこあるのね~あなたを私が見ていたいわ
とか別のイメージにもっていくというパターンです

第一印象の外見について追記しておきます

これを私は NO と言いましたが例外は除いてです。

若い子はアクセサリーやファッションとして男を見ています
まさにアイドルなのです。

おたくな男の場合だとアニメキャラや漫画キャラのようなものでしょうか?

顔がよい
スポーツ万能とくればキャーキャー言われます。

しかし平均で大学生くらいになると、顔より才能、中身と相手に望むものが変わります。

これは社会で働いている女性ならさらにその点が強く、いつも男にいいよられているいい女は顔より中身の条件がより強いです。

たぶんたくさん見てきて男なんてみんな同じと思っているからでしょう。

また男は外見を重視しますが女性は中身を・・・というのはよく聞きますが実際にはイメージや雰囲気込みで男を見ています。




外見と内面に関する心理学

これは心理学の分野と思うのですが、例えば思い切り笑顔してください
すると怒るのが難しくなります

いらいらした顔をしてください
その状態で幸せを感じるのは難しいのです

神経と筋肉
ホルモン
そういうものが感情とむすびついているわけです。

病は気からというようにメンタルが体に影響を与える所以です

あなたもそういうわけで内面から変えてください
そちらの方が早いかもしれないですよ
というわけです。

もちろんモテ男のイメージです

そうすると先ほど清潔さが大事といいましたがモテ男のイメージというスタイルができているなら、自然に自信もでて清潔でいなくてもそれをかき消すぐらいもてることはできます。

私がここでお話したのは逆に外見から変えることも可能ですということでしたよね

整形でも本人に自信がでるというならそれもいいでしょう

例えば男らしさをつけるために
見せるために
格闘技をはじめたり
筋肉をつけたり
ひげをはやしたり
という方もいます。

そういう人は相手に見せるだけでなく自分のそのイメージを自分に見せつけることで、自分に自信をつけるためにもしているのですRights Reserved.

ミスターマ●ックとかそうでしょうね
サングラスをとったら普通のおじさんになっちゃいます
態度や言動もね。

しかし忘れないでほしいのはあなたの内面に影響を与えないといけないということ
隠すためじゃなく表現するためと。

ポジティブにファッションを使いましょう
もちろんひげなどの外見もです。

隠してる弱い男のいっちょうあがりでは逆作用ですからね
この人背伸びしてるんだになりますから



オタク脱出計画!モテる男になるための身だしなみチェックポイント

髪型に関する事
異性は雰囲気で見ます
雰囲気を簡単に変えるため髪を変えてごまかすというテクもあります


不健康そうに見えないのが一番です。
さらさらふわふわあるいは短髪でさわやか
そのようなイメージを与える髪にしてください。

そうすれば多少は変則的な新しい髪形をしてもまず印象は悪くなりません

ひげに関する事
日本人であまりデザインされたひげが似合う人がいないのでやめた方が無難です
青いひげそりの跡も不潔そうな印象を与えてしまいます

歯に関する事
歯はさわやかな清潔感を与えます
笑顔にも影響を与えるので手入れしておくといいでしょう

体臭口臭はサプリメントやスプレーなどがありますのでエチケットとして予防してください


鼻に関して
鼻の脂はイメージを損ないます
また鼻毛も長い方は専用の毛抜きがあるはずです
チェックしておいてください

耳裏の垢
背中の毛
チェックの怠りやすい所です
異性も隠れた部分に気づきやすいので上記はたまに見てください

香水に関して
匂いが強烈なので注意してください
異性の店員がいるならさりげなく聞いてもいいでしょう
ムードを作ることもできるがムードを打ち消すこともできるのでかすかに漂うぐらいが一番いいのです

姿勢
背筋は伸ばして左右にもぶれないようにしてください
座るときも同様です
ついリラックスしたときになりがちですのでいつも意識していてください

歩き方は自分の歩幅で歩くことです。
ゆったり余裕のあるペースとリズムを維持します

服装に関して
ブランド品は隠れた部分で使用してください
そういう所に異性は気づきやすいのです


靴や財布
靴下や下着などもいいでしょう。
パジャマという手もあります。
見ていないようで見ているので見せつけていやらしいと思われない個所でさりげなく見せつけます

センスがある人
個性自分を持った人
流行に流されない人
きちんとしてる人
そういうイメージを持たれることでしょう


時計は微妙です
アクセサリーに関しても同じくであまりにもオレというオーラがですぎる部分なのです
女性的
芸術的
暴力的
退廃的
ナルシスト

いくらシルバーのリングであろうが場合によって悪い印象を与えたりします

一般人として自然な感じをだすのが難しい
だから、どくろとか骨のような不安を与えかねるのやめて丸みのあるものや十字架などの図形が最低ラインと考えましょう

スーツは体系にもよりますがぴちぴちではなくほんの少し大きいのがいいと思います

靴に関してもメーカーによって同じサイズでも違うのではいて確かめましょう

バスケットシューズでもいいのですがあまりにもそれっぽいのは控えた方がいいです

古着は着ないのでわかりませんが私はやめたほうがいいと思います
よほどポリシーがあってというのなら着こなしに信念やこだわりがにじみ出るので別ですが。

色使いについて
黒と白と青系の色
モノトーンというのでしょうか
ベースとしてのカラーは上記が違和感を与えません

白は基調として比較的合わせやすいです

黒は TPO も考慮する場合があるでしょう
重いとか近寄りがたい印象を与えるからです。

青系は蛍光のようなのは避けて紺に近い色がいいです
つまりは学生の制服に近い色ですね

家電用品の色も上記カラーでまとめてあります。
なので普通の生活において違和感がないわけです
ゲーム機や車もだいたい同じですね

何故カラフルなのがあまりないのだろうと小さいころ思いませんでしたか?

その答えは年齢層に関係がないこと
そして抵抗を与えない色ということなのでしょう。

難しいのは原色の色で境目のはっきりした赤ピンク緑黄紫などです。

しかし赤に関しては白黒青に少し足すようにすればかっこいいです

熱い性格というより知的、しっかりしている
子供っぽいという印象も与えるようです

上下の組み合わせは同系色が無難です
紺は黒と青の中間ですし灰は白と黒の中間ですよね
それぞれの色にも薄い濃いがあるのです

使う色は全体で3色までが限度であとひとつ加えるなら小物にします。

上下がちぐはぐだと落ち着かない印象を与えます
シャツだしなども社会人ならやめた方がいいです
あくまで自分の個性は隠れた小物で。

上着とインナーに関しては白なら膨らむ印象、黒なら締まった印象を与えるのでそれらを組み合します
シャッなどのインナーは白なら上着は黒とか。

紫は非常に難しいのですがこれを使えたら洗練して見えます
ネクタイに使うと面白いかもしれません

異性の店員に対しては売れてるのはどれか?などと聞くと無難に第 3 者的に対処されます

自分に似合うのはどれですか?などの聞き方ならつい私が付き合う男ならと無意識にイメージしがちです。
親しいなら
彼氏にプレゼントしたいなら?
相手につけてほしいのは?
と聞いてもいいでしょう。


ピンクもさりげなく少しあるといいようです
色の範囲は抑えてください

また薄い色なら白黒青系以外でも使いやすいのでそれを取り入れてもよいでしょう
つまり
青の薄いの
緑の薄いの
黄の薄いの
など

模様について
チェックは色々なパターンがあるようですが上着として使用したりがいいと思います

水玉のかなり細かいものはインナーとして使えたらオシャレ度が高いです。
参考にしてください

ただしあくまでも身だしなみでありこれで口説けるのではありません
あくまで相手の違和感を排除し普通に対応できるということです

内面のベースと関係レベルを徹底しそこに取り入れる気持ちで。

t>
サブコンテンツ

このページの先頭へ