メールは誤解を生みやすいツール!気をつけるべきチェックポイント まとめ

電話や手紙
そういうツールも会話
コミュニケーションの一部ですよね

それについてお話します

メールは誤解して伝わることが大です
こちらからも相手からもです。
逆を言うとですね
それを利用もできます

電話は顔が見えないというスリルはあります

でこれを利用してトーンを変えたりすることも可能です

相手の感情を想像させる
すべて基本は理論を応用して考えます

全て恋愛も人間関係も相手とのバランスなんです

それが感情という要素でくずれるわけです

電話は遠くにいる相手をコントロールするリモコンだと考えてください
言い方は悪いですが。

もう会話で普通に言われていること
目を見る
うなづく
は基本だと思うので。

また外側から内側には基本です
相手との距離感をイメージしてください
見た目の距離ではありません

映画や
ドラマ
占いや
ダイエット
グルメや
旅行
ファッションと来て
髪型や服、アクセサリー

そういうのを着てるというのはだいたいは見てもらいたい
認めてもらいたいという意識があるのですが



下手なナンパ師にはうんざり!私がナンパするときは・・・

残念なのは下手なナンパ師が
かわいいねとか
似合ってるねとか
乱発しているせいで
若く見えるとか
美人とか
相手もうんざりなんです

そういうのはナンパなんだ
この人そういうナンパ男なんだと
アピールすることになるんで

私的には
「それはどこで買ったの」とか遠まわしなほめ方+声の感情や顔の表情だけでも口説ける方向にもっていってほしいです

最低でもきっかけつくりにもなります

内面の方向に持っていくとき趣味や価値観をやんわり聞きます
相手の内面を知りパターンを組めます
喜ぶ話は何かもわかります

楽しいことをイメージさせるのは万人に良いです
おいしいレストランやバフェ
香りのいいバスやアロマ
そこから恋愛や結婚の話へ

私なら・・・
あなたなら・・・どーする?というようなシチュエーションにいけたらベストです

この場合、内容が今まで焦点だったのにあなたに焦点・ベクトルがくるようにしてください。


部屋で2人きりの場合
悲しい話
ロマンチックな話も
有効な場合もあります
2 人だけの世界観を作るためです。
自分の話や相手の話にもっていくこともできますね。

感情の理論より以下の事が言えます

好きな相手
最低でも好感度のある人物の話すことは言うことをききます
正しいと信じます
すんなりと受け入れます

しかし、嫌いな相手や不快な相手の言うことは信じません
ここが人間関係特に相手が感情がベースである女性ですと必要になるわけです


もうひとつ心理学について
有名なところで例をだすとイエスセットやダブルバインドですが
恋愛において下手な使い方すると相手に無理な圧迫を感じさせる危険があります。

場合によっては居心地が悪いになってしまう場合があり避けられることもあるようです。

あまりにテクニックにたよるのは危険で小手先の男と思われる可能性もあるのです。
テク二ック主導ではなくもてる男のイメージからを意識しておけばテクニックがやわでも相手は受け入れやすくなります
つまりはそういう関係が構築されているということです。

男が叱っていい関係
この人なら叱られてもいい関係

心理学については嘘もあるので注意して下さい。




理論の会話は女性にウケない!どんな会話をすればいいの?

会話でもデートでもシチュエーションを事前にイメージしておいたほうがいいです

相手と話しているイメージを
悪いこと良いことすべてです

それでかなりどんなことが起ころうとリラックスできるようになります

男は理論であるといいました。

男の脳みそである理論で考えると会話の中身が必要
だから女性と話す際は会話の内容が必要なんだとつい考えてしまいます
しかし理論の会話は女性にとって絶対に楽しくはありません

優先順位は内容を聞いた損得より気持ちの共有なのです。

男なら
競馬で大事なのは●●で
鉄道が●●年にこうなって
パソコンの●●が新しく
とかマニアックな会話をしても盛り上がります

女性だって映画とかスイ―ツとかの話でワイワイしてるでしょ?と思うかもしれません。

女性は話の内容で盛り上がるのでなく感情を上げ下げするのが楽しいのです

感情で盛り上がっているのです
微妙ですがここが会話の中核ですのでしっかり頭に入れておいてください




メールについて補足

メールはコミュニケーションである
上記だけでもう言うことはないと思います

男は特に情報交換がほとんどですが異性相手には先ほどの原則は忘れないように

楽しい
共感できる
共有できる秘密を
がコミュニケーションなのです


時間に注意
寝る前や朝や仕事など相手の時間は把握しておきましょう

寒いメール
顔が見れないため
熱いメールやかしこさアピール
歓心を買う文
酔ってる独りよがり文
などをしてしまいがちです。

後で恥ずかしくなるので数分おいて見てみる
自分が受け取ったとして見てみる
などをしてください

礼儀
相手に不信や不安を与えないようにします
特に出会い初めに注意です

名前
ちゃん付けや呼び捨てには細心の注意をしてください
関係レベルで判断します

想像のできる文
メールは誤解が付き物です
思ってもみない解釈受け取りかたをされるときもあるのです
気心知らないうちは読み返して確認してください

逆に利用して
どうしたんだろう何があったのだろう?
社交辞令メールを送り 、怒ってるのかな?
好きなのかな?
と揺らすことも可能です

また絵文字はニュアンスを表現したり文字にギャップをつけて柔らかくさせる作用があります

おいおい!とかのつっこみに笑顔やハートなど 一つか 2 つをたまに使う程度でいいでしょう。

答えにくい質問
質問なのかわからない解釈のできるメールはしない。
自分の近況報告のような文も上記と同じですしさらに独りよがりです。
それなら笑いを付け足すなどの工夫が必要です

時間差
リアルタイムで受け取りあうことはチャットのようなバーチャルな秘密の一体感と電話のような身近さ親近感を与えれます

急にメールが来ないとか一日返信が開いたなどの隙間のギャップ攻めもいいです。
関係レベルの気になる人以上で効果的です。
人によってや関係レベルによっては失礼な人やどうでもいいとなります。

いきなりのメール予定外の時間の攻めもいいですよ
大丈夫?
メール遅れてごめんよ
などの気遣いメールがいいでしょう


独白文
詩や小説のような文体はダメです

オレ何々なんだよというような同情誘うような告白も文字だけの場合だと余計にネガティブな印象が大きいからです

質問ばかり
うざい恐怖嫌悪までいきます
だからコミュニケーションのように質問します。
同性で何も考えず笑ってる時のような文とノリです。
メールはつなぎとして使います

口説くためにメールと思わないでください
励ます
がんばろうね
などの文には一体感と絵文字で重さを
軽くします。
相手もうれしく負担も与えません。

社交辞令メール
冷たく感じさせるなら短文絵文字なしがいいです。
また異性で絵文字なしなら男っぽい性格の子です。
同性同士でどんなメールしてるか見ると性格の本性がはっきりします。
さりげなく彼女の友人から聞きだすといいですよ


反応を見て冷静に対処できる
面と向かってはきつくてもメールはじっくり考えることができます

連作メールはタブー
メールが遅いからと何度も送ると最悪の場合相手は罪悪感で無視され連絡が取れなくなります

ロマンチック
人ごみの中、目の前にいる相手にメールで会話し携帯で連絡
アメリカ映画にそのようなシチュエーションをテーマにしたのがあります
2 人の仲はぐっと縮まります

と、メールについて話しましたが当たり前の話なんですね。
すべては関係レベルをチェックして、関係を暖めレベルを上げて、付き合うなど・・ということ頭に入れておいてください

t>
サブコンテンツ

このページの先頭へ