恋愛本で必ずでてくるギャップについて誰よりも深く説明してみた

私の方法は深く読んでいただければ応用できます
なのでテク二ックをうんぬんは普段言いません

重要な点をひとつお伝えします
それはギャップです
まあいろんな本を読んだ方は薄々感じていたかもしれません

またかといわれるかもしれないですが順を追って誰より深くしゃべりますね

感情を上下すること
女性は気持ちイイのです

まあ、イライラするのですがこれがいわゆるM性なのです
これを与えるために駆け引きします

ここまではいいですね
真面目な方は振り回すなんてというかもしれません
女性に慣れていない方ですね

ひょっとしたらいつも相手のそばにいるのでしょうか?

ギャップ
性格だけで考えないでください
時間差で与えることもできます
あなたが少々気持が重いというなら仕事が忙しいとか
友達と遊ぶということでギャップはつくれるのです


会えない→会えた
というギャップです

ふり幅を多くするので性格なら
遊び男のイメージ →まじめ
又は
→繊細

又は
→友達を大事にしている
などでもいいのです

一般の例でいうと怖そうな社長が優しい言葉をかけたということで評価が変わることがあります



謎めいた男はもギャップの一つ

謎めいた男がいいというのは遊び慣れしている女性にとっては飽きが来ないということでもあります
意外にこういう女性は最後には顔で選びません

不細工→でも内面はというギャップがいいということなんでしょうね

ミステリアスもギャップですよね
相手は内心
また違う顔・・・とか
・・・・こういう人なんだ
とか思います

サプライズもギャップです

こういうのはできるだけ控え目がよいかもと思います
乱発は有効でない場合もあります
慣れているタイプには胡散臭く映る場合がありますので


知的な女性で笑いをこらえているという人も知っています
第一印象もギャップが関係します

出会う前にあるイメージを与えておくのです
怖いとか
ワルそうとか
無愛想とか
冷たそうとか
会うまでの話ですよ

友人や女友達
噂でも
口コミでも
ネットでの誹謗中傷でもいいです

女性の場合は特に私には優しいが効くのです

感情の理論
楽をしたい
都合よく考える
ですね

多くを紹介できませんでしたがふつうはこれだけでもいけます

ランクにおいて恋や欲望のラインで効力をだします

その下にいるのはこれを活用しきれていないということです
感情の理論ですよ

上下は気持ち良い

男は早くどちらなのか結論が知りたくてイライラですが女性はそれを気持ち良い
想像している時間が苦しくも楽しいM性なのです


理論を見てください

恋は夢の世界の相手
情の世界がこのレベル、ですね。

だから感情を上下すること
これが自然に上のレベルにあげることを手伝うわけです

がんばってください



周りの人間を利用してギャップを作る方法

ギャップは相当いろんな場面状況であなたの考え次第で応用できます
少しせこい方法ですが周りを使うやり方を教えます

狙いの子の周りに優しくちやほやしている男がいたとします
すると逆のイメージでアピールするのです。

ちょっと悪そう危険そうとか媚びていない感じだとか

もちろん周りがそういう男ばかりなら
誠実をアピールしたり優しくしたりと
かなり使えるので覚えておいてください



究極的にはどのタイプの性格がいいのか?

こういう性格の男が愛されるとか
こういう性格は嫌われるとか
あるいは外見とか
こういう場面でこうしなくてはこう言えばどーのこーのとかそんなものはですね
ないとも言えます

相手の恋というサングラスを通して見れば
なんでもイエスになってしまいます。
その状態の答えが
アンケートで反映されているのです。
愛についても言いましたよね
この状態の関係ならば
短所も魅力になってしまいます。
尊敬もしかりですが。

感情こそが恋愛において重要です。
女は感情の部分で相手を判断します
理性ではなくてですよ
恋愛の場合は。

それは絶えず肝においてください

もてる男のイメージその次に重要なのは関係イメージの構築です

あなたが内面においてもてる男のイメージを完成したとします。
どんなキャラでもいいと言いました。
それは恋愛において成否を決める部分の6割から8割ですと言いました

もてている、口説くことのできる男でも同じだと思います
テクニックで落としたとみんな言うでしょうが
実際はそれ以前の部分ですでに落としているのです。


次に重要な関係イメージの構築です。
恋愛において4割から6割ぐらいと意識してください。
ビジネスの相手では心を開けませんし信用もできませんね

戦争していて相手に背を向けられますか?
ビジネスというサングラスをかけてこちらを見られていたらあなたの言動の何も通用しないでしょう。
暖かい言葉でもです。

しかし例えばあなたが誠実な男イメージがきちんとしていた場合
もうわかりますよね
もう少し信用される確率をあげれるでしょう

しかし恋愛において
理性の関係より
感情の関係を狙わなくてはいけないのですからもてる男のイメージなわけです
ビジネスパートナーが欲しいんじゃないですよね

信用できる関係だから信用するのです。
掛け算ですよ
あなたがいくらいい男でも関係を上げなくては相手の目には伝わりません

尊敬も同じく
人を尊敬する場合、尊敬できるから尊敬したのではなく、尊敬したから尊敬するのです
あなたに対して尊敬するところがあるから尊敬するのではなく、尊敬しようとしたから尊敬するのです。
だから関係イメージの構築が何より重要なのです

状況も捉える
もちろん関係の構築において細かくそしてもっと範囲を狭く見るべきです
あらゆる行為や言動にいたるまで
今の相手の行為は自分と~のレベルだなと。

したたかな人は無意識にしていることも。
相手の機嫌がいいときおねだりする
機嫌をよくしてからおねだりする
関係のレベルを上げることです

t>
サブコンテンツ

このページの先頭へ